top of page

「女性はツルツルでなければという強迫観念がある」


キッズ脱毛についてこのような記事を見つけたのでご紹介させて頂きます!


子どもの頃から読んでいた雑誌などの影響から、女性は中学生くらいになると、「女性はツルツルでなければという強迫観念がある」ようです。


周りの誰かに毛のことを言われた経験があるわけではない。

それでもそらずにはいられないという。「毎回大変です」。カミソリをあてた部分は翌日かゆみが出る。なのに、またすぐ生えてくる。「脱毛サロンに行こうか」。でも数十万円もかかる。手が届かない。


動画サイトの広告にも、小中学生向けの雑誌にも。「体毛は処理すべきもの」というメッセージは色々なところに出てくる。


体育の着替えや友達とプールで遊ぶときに、わき毛の処理をするかしないか気になるという。「すべてそるのは恥ずかしいけど、結構毛が濃い方なのでそのままというのも……」。


同級生の男子の間で「すね毛はどうすればいいんだろうね」と話題にあがることもあるという。


「子や孫にも受けさせたい」という声が寄せられ、水泳やバレエなどの習い事や、中学の部活が始まる前に利用するケースが多い。


お父さん、お母さん、お爺さん、おばあさん

お子様やお孫さんのお悩みに手を差し伸べてみてはいかがでしょうか?

小学校に上がる時はランドセルをお爺さん、おばあさんがプレゼントされるご家庭は多いとお聞きしますが、中学校では『脱毛』をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?


当サロンでしたら高額なローンや高額なプランもありません!

回数券や、その都度お支払いのプランばかりです!


ではお待ち推しております!




תגובות


bottom of page